Entry: main  << >>
「雅あんこ」美味さの秘密
0


    「雅あんこ」

    その美味さの秘密…



    なぜかうちのランショップ interlaken に売っている雅あんこ


    補給食として使いたいけど…


    250gで大きめなので、持って走るには重すぎる。


    そしてさすがに一度では食べきらない。


    でもランナーをはじめとする多くの方のリピートがある雅あんこ。


    久しぶりにその製造元の社長をやっている、中学からの同級生と会った。  


    そして、色々な雑談をするうちに、あの雅あんこの美味さの話になった。




    小豆は北海道十勝地方のもの。


    そこで大豆を作っている沢山の農家さんのところに行き、先ずはそれぞれを別々に集める。


    そして一人の人が別々に煮て、その人が全てを味見し、それを毎年繰り返す。



    すると…



    相当な数の農家の中で、いつも美味しさで一番という方のものがあったとか。


    「作っているの、◯◯さんて言うんだよ」



    その小豆を、今度は最高のお砂糖を使いじっくり煮込む。


    「おみゃぁ〜 この砂糖もすっごいいいやつ使ってるんだから」



    名古屋弁をよく使う彼が言うには、煮込む釜にもこだわっているとか。


    実はこの辺りのメーカーでは一番小さな釜が彼のところにあるらしい。



    それを使って作る。



    だから、普通の工場で大量に作られるあんことは訳が違う。


    まさに家庭で作る美味しいあんこになる。



    以前彼に聞いたことがある。


    沢山使いたいので、もう少し大きいのがあるといいんだけど作らないのと。



    するとこう言われた。



    「大きくすると味が落ちるんだよ。作り方から詰め方まで違うので、それはできない、というよりやらないね。」


    今回詳しく聞けたので、その理由が何となくわかってきた。



    「あれはオレがお世話になった方への贈呈品として、1日の過程の最後に無理やり作っているようなもの。」



    「だからうまいだろ?」



    ここにその「雅あんこ」美味さの秘密があった。



    彼の工場からは、井◯屋さんやフ◯パンさん、はたまた銀座にお店があるところにもあんこが出荷される。


    だから品質はバツグンであり、その中で厳選されて作られている雅あんこは上手くないはずがない。




    学生の頃と変わらない彼の笑顔


    また見にくるね😊

    | kiiiki88 | 12:18 | comments(0) | - |
    Comment








    Calendar

    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    Profile

    Search

    Entry

    Comment

    • クラウドスイフト セカンドインプレッション
      koike (03/26)
    • クラウドスイフト セカンドインプレッション
      ume gen (03/26)

    Archives

    Link

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode