Page: 2/6  << >>
100分切りチャレンジへのインターバル
0



    チャレンジ始めたきっかけはこちら

    http://blog.interlaken.jp/?eid=43



    豊田「スカイホール」


    インターバル練習をする上で今回よく使ったのはここ。


    本当は別の道路でやるつもりだったけど、コーチと決めた練習日になるたびに雨となり、仕方なしに屋内で走れるこの施設となりました。



    一周365m


    想像以上に沢山のランナーが走っていてびっくりでした。


    それもそのはず、屋内なのはもちろん、綺麗なトイレあり、給水設備あり、更衣室あり、シャワーあり、駐車場は無料、更にグリップもしっかりした走りやすい路面と至れり尽せり。


    もちろん走るのは無料です^ ^



    この365mを始めのうちは1周1分37秒(キロ4分25秒)を目標に走る。


    9月の練習では3周を5セット。


    入りは速すぎて調整する。


    1  1:30-1:40-1:37

    2  1:37-1:37-1:36

    3  1:38-1:41-1:37

    4  1:36-1:41-1:34

    5  1:37-1:39-1:30


    繋ぎは約3分


    大切なのはペースを変えないこと。

    2周目が苦しくて落ちそうになり、3周目で立て直す。


    最後は上げて終えることができました。

    (1:30=キロ4:06)



    10月も雨予報で練習はここ。


    この日は2周にして6セット


    1  3:12(1:36平均) キロ4:23

    2  3:09(1:35平均) キロ4:20

    3  3:09(1:35平均)     〃

    4  3:09(1:35平均)     〃

    5  3:08(1:34平均) キロ4:17

    6  2:56(1:28平均) キロ4:01



    この頃になると9月より速く、しかも安定したペースで走れるようになっていた。


    VO2max 最大酸素摂取量も46から51までになっている。


    それと、コーチとの練習以外にやっていたのは、今までより速いペース走。


    キロ4分40秒を目安に10キロ目標。


    でも実際にやれたのは、時間が取れないとの理由?言い訳?で5キロから7キロだった。


    実はこれがあとになって後悔の一つになっていた。

     

    「100分切り最後の練習」へつづく…

    http://blog.interlaken.jp/?eid=46


    | kiiiki88 | 06:54 | comments(0) | - |
    いびがわハーフ100分切りチャレンジ
    0


      きっかけから、秘密の特訓を特別公開



      七夕の金の短冊に書いた思い

      「いびがわハーフ100分切り」


      ここ数年のハーフは2時間超えが当たり前。自己ベストは5年前の1時間49分36秒。しかもフラットでタイムの出やすいぎふ清流。


      そんな自分をもう一度変えようと思い始めたのは、今年の4月にこのTシャツのロゴを考えていた時でした。



      GO VANTAGE POINT 

      (更なる上の世界へ)


      背中の文字に込めた思いは、これを着る方へ、これを見る後ろのランナーへ、そして自分へのメッセージとなりました。



      このTシャツを着て走る仲間たちの背中をみて、具体的に目標を決めたのは高山ウルトラの後。


      そしてその決意を七夕の短冊に書いて、思い切って公表。


      今思えばこれがよかった。


      一緒に練習をしようかと言ってくれた方がでてきたからです。


      申し出てくれた○◯さんは高山を一緒に走った仲。


      そしてその練習を始めようと決めた6月30日は、いきなり雨☔で中止。

      ちょっとホッとしている自分がいました…


      その頃は高山の後で月間50キロも走っていなかった。


      雨だと練習も中止。

      本気でなかったんですね。


      でもこれではいけないと心機一転、コーチに指示された内容を自主練で始めることにしました。


      シューズはずーっと眠っていたクラウドフラッシュ。



      そんな時、もう一人の仲間が増えました。


      彼女はウィメンズでサブフォーをやりたいという思いがあり、お互いに頑張ろうと意気投合。


      3人での初練習は平和公園。

      この日は晴れてよかったです。



      メニューは【インターバル走】


      interlakenの練習会ではたまにやっていたけど、それとは比べものにならない本格的なやり方。


      100mごとに置いたマークで途中のラップを確認しながら、決めた目標ラップを誤差数秒以内で走る。


      キロ4分半。

      後半ダレそうになるとゲキが飛ぶ!


      ジョグでつないでの練習は5セットが目標。

      コーチとの練習はこれが基本でした。


      その後、最低月1回はやった練習では更にスピードを上げる。


      でも目標以上にはあげないし、目標以下に下げてもダメ。一定のスピードをいかに維持するかのトレーニングでした。


      もう一つのメニューは【坂道下りダッシュ】


      なだらかな下り200mをキロ4分で5本。

      スピードが出せるようになるとそれをキロ3分台に。


      このダッシュは一人でもできるので、日頃のペース走の最後にやるメニューに追加。


      この2種類の練習のおかげで、スピードが出るようになったのが自分でもよくわかるようになりました。



      つづく…


      インターバルの内容へ

      http://blog.interlaken.jp/?eid=44 



      | kiiiki88 | 06:45 | comments(0) | - |
      クラウドフロー 初代と二代目の違い
      0

        クラウドフロー試走4

         

        クラウドフローの二代目が発売されました。

         

        初代もとても人気でしたが、その味付けを周到しているだけあって二代目も人気が出るのは間違いなさそうです。

         

        そこで今回は、初代と二代目の違いをみてみました。

         

        クラウドフロー新旧FR

         

        左のオレンジ系のものが二代目 右の朱赤のものが初代です。

         

        前から見た見た目はほとんど変わらない。

         

        でもよく見ると、シュータンの中央部分にゴム状のものが付きました。

        これは余った紐を通しておくためのもので、長い紐のクラウドフローにはとてもありがたい装備。

         

        それともう一点

         

        前から三番目の通し穴がアッパーに穴をあけたものではなく、ループ状に出っ張って通してあります。

        これは紐を絞めるとよくわかりますが、この部分だけ少し広がった感じになります。

         

        走りだすと時間がたつにつれて足の甲がむくんでくる。

        それを、出っ張ったループにすることで絞めつけ感を緩くしてくれます。

         

        クラウドフロー新旧Side

         

        次に横から見た感じ。

         

        これもよく似ているけど、ソールの部分の厚みの違いが判ると思います。

         

        今回ソールの素材が今までのEVA(軽量発砲素材)から、Onが独自開発したヘリオン素材に変更されました。

         

        ヘリオンはそれだけでクッション性と反発性の両方を高次元で実現する素晴らしい素材。

         

        新型の方はソールを少し薄く広くして、接地面を増やした感じになっています。

        だからグリップ力がより上がってきました。

         

        でもソールはとても柔らかいんですよ(^^♪

         

        クラウドフロー新旧ソール

         

        裏からソールをみると、黒いゴムの部分が少なくなっているのがわかります。

         

        ゴム材は反発するのですが重たくなるんですよね。

         

        これをヘリオンに変えることで軽量かつ反発の両方を実現させたのが二代目への改良点。

         

        クラウドフロー新旧バック

         

        ヒールカップも写真で見たらわかりにくいですが、実際は新型(左側)の方が少し細い感じがします。

         

        その部分にテープを横に這わせることで、よりしっかりしたヒールカップができている。

         

        ただ一つ残念なことに、Onのロゴが縦に入っている・・・

         

        初代は左右のシューズが揃って初めて On と読めました。

        これがまたオシャレに感じていたのは僕だけではなかったと思うけど、

        最近のOnのシューズは縦に入れたものが増えてきてしまい、ちょっと残念

        (これはあくまで個人的な意見です)

         

         

        そして次はよく見ないとわからないけど…

         

        モデルチェンジした新型を履いて、なんた違うぞ?と思った理由がここにありました。

         

         

        クラウドフロー新旧カップ

         

        サイドから見た写真です。

         

        左が二代目、右が初代。

         

        よく見るとヒールカップの深さの違いがわかります。

         

        それは、新型の方が微妙に低い。

         

        その理由はよくわかりませんが、履いた感じで何となく違うなと感じる大きな要因となっているようです。

         

        ヒールカップが浅いので脚首回りの自由度は上がったけど、その分緩く感じてしまうことがありました。

         

        だから速く走る時は紐をしっかりと絞めないと、緩くてロスになりそう。

         

        でもしっかり絞めることで足首が安定し、さらに初めに書いた三番目のループ状の通し方で

        その場所のむくみを軽減させる。

         

        これはあくまで僕の分析ですが、このことを知ったうえで紐を絞めると、自然と絞め方も変わってくると思います。

         

        クラウドフロー試走3

         

        新型クラウドフロー

         

        ロングにもショートスプリントにも使える万能なシューズ。

         

        カラーはメンズ3色、ウィメンズ3色での展開です。

         

         

        ●メンズ

        シトラス/シー

        シトラス/シー

         

        ラスト/ライムライト

        ラスト/ライムライト

         

        ブラック/アスファルト

        ブラック/アスファルト

         

        ●ウィメンズ

        グアバ/ローズ

        グアバ/ローズ

         

        ロック/ローズ

        ロック/ローズ

         

        バイオレット/タイド

        バイオレット/タイド

         

         

        新型クラウドフローをぜひ interlaken に履きに来てくださいね。


        購入はこちらから

        https://interlaken.jp

         

        | kiiiki88 | 22:34 | comments(0) | - |
        2代目クラウドフロー インプレッション
        0

          2代目クラウドフローインプレッション

           

          クラウドフローM

           

          2019年11月7日

          Onのランニングシューズでトータルバランスにとっても優れているクラウドフローがモデルチェンジされました。

           

          初代クラウドフローは、スピードレースはもちろん、ロング走までこなす事ができるという優れもの。

           

          トライアスロンでは世界の有力選手がこのシューズで優勝し、また多くの一般市民ランナーがウルトラマラソンを走るために選びます。

           

          Onの基本的考えは、前作を大幅に上回る事がない限り次のモデルを出さない。

           

          だからこのクラウドフローも数年を経て出されただけに、履いて走るのがとても楽しみでした。

           

          クラウドフロー試走1

           

          ●早速履いてみました。

           

          見た目は初代とそれほど変わらない。

           

          でもよく見ると、甲の部分に余ったシューレースを挟むゴムが装着されました。

           

          これは2代目クラウドベンチャーで採用され、とても便利だと思ったので嬉しい改良です。

           

          履いてすぐ感じたのはソールの柔らかさ。

           

          初代も柔らかかったけど、更に脚に優しい感じがします。

           

          これは今回から採用されたヘリオン素材の特徴。Onが独自に開発したヘリオンは、クッション性と反発性をより高い次元で両立させる優れもの。

           

          だから指でソールを押すと初代のモノより柔らかいけど、反発性がある感じ。

           

          足入れ感は初め少し狭く感じました。

           

          初代クラウドフローは3Eの足幅の方でも履けるので、あれっと思いましたが、しばらく履いていくうちにそれが逆に気持ちよく、馴染むにつれて足を気持ちよく包んでくれる感じになってきました。

           

          二重構造になったアッパーのエンジニアードメッシュの進化がそう感じたのかもしれません。

           

          だから今までと同じ、幅広の方にも充分対応できると思います。

           

          それとかかと周りの高さが少し低くなりました。

           

          これは足首の自由度が広まった分、シューレースを上までしっかり絞めないと少し揺れを感じるかもしれません。

           

          この辺りは好みが分かれそうです。

           

          クラウドフロー試走3

           

          ●外に出て走ってみました。

           

          初めて履くシューズは紐の絞め方が慣れない。アッパーが気持ちよく馴染んだと思ったけど、もう少し絞めないとスピードが乗った時に緩く感じるので再度絞め直し。

           

          意外にもこの作業をやられない方が多く、はじめ絞めただけでキツいとか緩いとか言われる方がいるので、その点は注意した方がいいと思います。

           

          特にこのシューレースは伸びるモノなので、絞めればより絞め上げる事ができるけど、走っている最中でキツくなり甲の部分が痛くなる。

           

          今回も2回ほどやり直して少し落ち着いた感じになりました。

           

          クラウドフロー試走5

           

          ゆっくりキロ7位で走ると、柔らかいクッションがとても脚に優しく感じます。

           

          ウルトラなどのロング走に行く時などはとってもいいかも。

           

          そしてスピードをキロ5分半まで上げてみました。

           

          すると先程の柔らかさはそれ程感じなく、履いているのを忘れるくらいに自然な硬さになってきます。

           

          走る時はソールの柔らかいクラウドテックが瞬時に潰れ、それ以上潰れないところから反発が始まり蹴る事ができる。

           

          更にキロ4分半まで上げる。

           

          実は今回のモデルチェンジで、中に入っているスピードボードも変更されて、より剛性の高いモノとなっています。

           

          実際にシューズを手で曲げてみるとよくわかります。

           

          だからキロ4分半に上げていくと、固いスピードボードをグッと曲げるのでその反発で前に出してくれる。

           

          でも着地はソフトだから、脚を痛めにくい感じがします。

           

          トータル的な言うと、このクラウドフローはゆっくりだとソフトな感じで、速いとグッと前にしてくれる走りができる。

           

          だから、初代と同じようにフルマラソンのレースにガチでいくにも、ウルトラマラソンでじっくり長くいくにも履ける、まさにオールマイティなシューズの性格を周到している感じでした。


          購入はこちらから

          https://interlaken.jp

          | kiiiki88 | 21:37 | comments(0) | - |
          「雅あんこ」美味さの秘密
          0


            「雅あんこ」

            その美味さの秘密…



            なぜかうちのランショップ interlaken に売っている雅あんこ


            補給食として使いたいけど…


            250gで大きめなので、持って走るには重すぎる。


            そしてさすがに一度では食べきらない。


            でもランナーをはじめとする多くの方のリピートがある雅あんこ。


            久しぶりにその製造元の社長をやっている、中学からの同級生と会った。  


            そして、色々な雑談をするうちに、あの雅あんこの美味さの話になった。




            小豆は北海道十勝地方のもの。


            そこで大豆を作っている沢山の農家さんのところに行き、先ずはそれぞれを別々に集める。


            そして一人の人が別々に煮て、その人が全てを味見し、それを毎年繰り返す。



            すると…



            相当な数の農家の中で、いつも美味しさで一番という方のものがあったとか。


            「作っているの、◯◯さんて言うんだよ」



            その小豆を、今度は最高のお砂糖を使いじっくり煮込む。


            「おみゃぁ〜 この砂糖もすっごいいいやつ使ってるんだから」



            名古屋弁をよく使う彼が言うには、煮込む釜にもこだわっているとか。


            実はこの辺りのメーカーでは一番小さな釜が彼のところにあるらしい。



            それを使って作る。



            だから、普通の工場で大量に作られるあんことは訳が違う。


            まさに家庭で作る美味しいあんこになる。



            以前彼に聞いたことがある。


            沢山使いたいので、もう少し大きいのがあるといいんだけど作らないのと。



            するとこう言われた。



            「大きくすると味が落ちるんだよ。作り方から詰め方まで違うので、それはできない、というよりやらないね。」


            今回詳しく聞けたので、その理由が何となくわかってきた。



            「あれはオレがお世話になった方への贈呈品として、1日の過程の最後に無理やり作っているようなもの。」



            「だからうまいだろ?」



            ここにその「雅あんこ」美味さの秘密があった。



            彼の工場からは、井◯屋さんやフ◯パンさん、はたまた銀座にお店があるところにもあんこが出荷される。


            だから品質はバツグンであり、その中で厳選されて作られている雅あんこは上手くないはずがない。




            学生の頃と変わらない彼の笑顔


            また見にくるね😊

            | kiiiki88 | 12:18 | comments(0) | - |
            脱水と熱中症の怖さ その経緯
            0


              8月18日午前8時半すぎ


              会場の大高緑地の気温は30度をはるかに超えていたと後から聞いた。


              その会場で行われたグッドモーニングラン。


              100人を超えるランナーが集まり、暑い中準備体操が始まる。



              いびがわハーフで自己ベストを目指す自分にとっては、今の実力を測る絶好の大会。


              10キロの大会自体はエントリーが初めてだったけど、このイベントには直前の2ヶ月間で出店2回と場慣れもしていたし、スタッフの方々にも沢山の知り合いがいて気分的にも楽な感じで挑むことができた。


              ただ、最近の暑さは尋常でない。


              走り始めからペースを上げられるよう、アップを2キロくらい走っただけでも汗を結構かいていた。


              そしてスタート前にはバイオ茶で500mlボトルの3分の1くらいの水分補給をする。


              午前8時半、スタート❗


              アップダウンのきついこのコース

              でも準備のアップをしていたお陰で、はじめの1キロは5分05秒で入ることができた。


              上りは6分前半、でも下りは4分07秒と上げる。


              1km 5:05

              2km 5:02

              3km 4:45

              4km 5:35

              5km 5:18

              6km 5:13


              この間給水ポイントは2回。

              友達のマリちゃんがそこにいて、カップを渡してくれた。


              1回目スポーツドリンクを二口くらい

              2回目はお水を同じく二口くらい


              高山ウルトラの頃からそうだったように、ガバガバ飲むとお腹がチャポチャポいうのであえて控えめ。


              その時、両腕に何となくしびれを感じた。


              でもすぐに治り引き続き走る。


              でもその頃から身体の重さをすごく感じるようになり、上りがキロ7まで落ちていた時があった。


              それを下りで走って取り戻していたつもりだった。


              7km 5:37

              8km 5:20


              また手にしびれを感じる。

              今度のそれは消えなかった。

              そして上りは更にペースが落ちていた。


              最後の給水は喉の渇きと手のしびれがあったので、カップ一杯の水を全て飲み干す。


              9km 5:40

              10km 5:02


              トータル 52:46 でフィニッシュ🏁


              その場にいた大林さんが撮ってくれた貴重な写真。


              その大林さんに計測タグを取ってもらったが、今思い返すと手のしびれが続いていてゼッケンを上手く裏返せないでいた。


              完走証をもらう時はすごく疲れていたので、すぐ横に置いてあった荷物の中からボトルを出し、残っていた3分の2のバイオ茶を一気に飲み干す。


              それとしびれが消えてなかったので、大会の時にはいつも持ってくるアミノバイタルを飲んだ。


              友達の文雄さんが横に来て、一緒にレースを振り返る。


              「この暑さの中で52分台はよかったよね。でも途中話しかけても何も言わないので、大丈夫かなと思っよ(^^;;」


              実は練習とは違って突っ込んでいたので、話す余裕はほとんどなかった。



              この大会はパンがもらえる。


              朝食はいつものように食べてきた。

              でもお昼に食べようとそのチケットを取り出しもらいに行こうとしたが、なんかだるくなってチケットを下に落としてしまい、その場にしゃがんだ。


              その時すでに身体に異常があったのかもしれない。


              そして更にだるく感じてその場に横になった。



              「水で首を冷やした方がいいんじゃない。」と心配してくれた文雄さん。


              確かにと思い起き上がってヨロヨロと蛇口に向かい、首と頭を冷やす。


              この段階では立っているのも辛かった。そこで木陰に横になる。



              手のしびれは全体に広がっていた。

              そしてそのしびれは脚にもきてた。


              「補水液を出来るだけ飲んでください!」


              駆けつけた救護スタッフの方から言われもらったOS1を3分の1くらい飲むけど、お腹は結構じゃぶじゃぶ。


              「つっているところはありませんか?」


              幸いそれはなかった。


              大きな氷袋が頭の下に入れられ、氷マットで首筋やこめかみを冷やす。


              「シューズと靴下を脱がしますね」

               その後冷たい水が脚にかけられた。


              あ〜これは気持ちいい〜


              身体に風を送ってくれていた大林さんがかけてくれたのだろうか。


              (この写真は、お店のオープンが遅くなってしまうので僕が依頼して撮ってもらったものです。)



              その頃大会責任者の竹中さんも駆けつけてくれていて、「もし吐いたら救急車呼んで…」と話しているのが聞こえる。


              それは更に迷惑かけるからダメだ…


              だるさとは別に、意識もしっかりしている自分がいる。


              でも少し吐き気がしてきた…

              これはヤバーっと身体を横に向ける。

              すると少し治った。


              すると今度は左脚がつりかけた。

              それを言うと誰かが脚をマッサージしてくれる。


              本当に申し訳ない…

              何分寝ていたのだろうか。

              少し楽になってきて、手のしびれも少し治りつつある。


              上半身を起こす。

              頭がくらくらする。


              でもその状態でしばらくじっとしていた。


              OS1はなんとなく飲めそうにないので、これもいただいた冷たいジェルを飲み干す。



              あー生き返った。



              しびれはまだあるけど、立てそうだったので立ってみた。

              でもふらふらするので木陰のベンチで座る。


              会場を見渡すと撤収作業もほぼ終わっていたので、ゴールしてからおそらく1時間くらい経っていたのだと思う。


              スタッフをやっていたまりちゃんや友達が何人も来てくれ心配してくれていた。


              「だいじょうぶ〜?」


              そして一人の男性が近づいてきて


              「あれっー 小池さんだったんですか!」


              ブース出展していたTAISEIKANの青野社長でした。


              彼には走る前にマッサージするから終わったら来てねと言われていたんです。



              そうしてしゃべっている間にしびれも随分治まってきていた。


              「一人で帰れる? よければ送っていくよ。」


              心配してずーっと側にいてくれた文雄さんと大林さん。


              「はい、少しクルマで涼んでから帰りますからありがとうございます!」



              今回の事件?は自分でもびっくり。


              原因を考えると…


              ・最近の暑さで昼は冷房の部屋、夜も冷房かけて寝ているので、汗をかくことが以前より少なく、おそらく汗腺が狭くなっている。


              ・汗をかかないから水分摂取がいつもより少ない。


              ・直近のお盆休みは一週間走らずで、数日前走った時はやはり8キロ地点で手にしびれがきていたのに放っておいた。


              ・大会なので無理というより無茶をした。


              ・走る前の水分補給が少な過ぎた。


              ・途中の補給、特にはじめの2回をしっかり摂らなかったので、喉が渇いたと思った時は遅かった。


              ・走り終えた時、無理せずすぐに横になればよかった。



              考えてみればたくさんの原因がある。


              でも、その時はそれでいいと思っていたんですよね。


              これは僕だけでなく誰でも陥る事。

              そう思ってここに詳細を記しました。




              まだまだ暑い日が続きます。


              日頃ちゃんと水分を摂り

              ちゃんと汗をかくこと。


              走る時、特に大会などは数日前から体調を整え、カーボローディングならぬ、ウォーターローディングも大切。


              練習の時はおかしいと思ったらすぐに止めること。


              わかってはいるけど、辛い体験を経験してあらためてそう実感しました。




              今回、本当にみなさんにご迷惑をおかけしました。


              会場で色々と手当をしていただいた竹中さんをはじめとするスタッフの皆さん。


              文雄さん、大林さん。


              さらに、その後お店にお見舞いにまで来てくれた多くの方々。


              本当にありがとうございます。



              おかげさまで体調もだいたい戻ったので、ちゃんと元気でお店に立ちます。



              昨日のお店では、何人かに顔が死んでると言われたし、ヨメには一気におじいさんになったねーって笑われました。


              今回それほど大事には至らなく笑って済ませれたけど、今後このような事が誰にでも起こりうること。


              皆さんもお気をつけください。









              | kiiiki88 | 23:29 | comments(0) | - |
              八曽の滝ドボ〜ンの下見ラン
              0


                車で走ること1時間ちょい。


                こんな近くにステキなスポットがありました。


                【 八層の滝 】



                モミの木キャンプ場から走る事2〜3キロ

                林道から岩場の山を登って岩見山山頂へ


                結構キツかったけど、上から見る眺めはなかなか^ ^



                そしてもうしばらく走ると見えてくる八層の滝



                ここの空気は最高!

                それまでむんむんだった湿気もなく気持ちいい〜



                そしていざ滝壺へ…



                ほんとは頭までドボ〜ン❗

                の予定だったけど、そこまで入るには気温がまだ低いので今回は脚まで…


                でも


                気持ちいい〜



                ここまで誰もすれ違う人もいなく、なんかずーっといたくなる気分


                マイナスイオンってよくわからないけどなんかいいね


                それに水も気持ちいいし。


                シューズを脱いで入ったけど、

                今度はサンダル持ってこよう。



                帰りは下りを快調に走りました^ ^


                イベントの本番は7/14

                今でも気持ちいいから、もう少し暑くなると更にいいだろうなぁ


                イベントページはこちら

                ↓ ↓ ↓

                https://www.facebook.com/events/2285053978411532/?ti=ia 


                八層の滝下見ラン

                距離6.19km

                時間1:33:13

                途中、どんだけ遊んでたん(^^;;


                | kiiiki88 | 15:20 | comments(0) | - |
                #MeetOnFriends in NAGOYA interlaken
                0


                  その歓喜はOnカーの到着から始まった…


                  たくさんのランナーが写真を撮りに外に出た。


                  近所の人は何が起こったかびっくりだっただろう。




                  そしてinterlakenの店内は、発売されたばかりのクラウドストラトスに30人近くものランナーが群がる。





                  今回のイベントの仕掛け人、さのーんさんから、クラウドストラトスの説明が始まった。


                  二重のクラウドテックで、二倍楽しいランを…


                  より長く楽しく走れるシューズの登場です!




                  そしてサプライズゲスト、ケニアから来たサイラスさんが紹介される。


                  今回の練習会は彼が指導して行うドリルがメイン。楽しみです^ ^



                  外に出て interlaken の前で記念撮影。


                  これほどのランナーが集まるのは、3月に開催した岩本能史さんがみえた#MeetOnFriends 以来です。



                  そして、トシさんによるウォーミングアップ、続いてサイラスによるドリルが始まった。




                  ケニアで行われる体操。

                  単純な脚の動きだけど、股関節の柔軟性やバランスのいい筋肉が求められる。






                  頭ヲ使ッテクダサイ

                  脚ヲ前ニ、前ニ、後ロニ、後ロニ、

                  横ニ、横ニ… 


                  段々複雑になる。



                  この日は朝から雨だった。

                  イベントは天気により楽しさも半減する。

                  その天気予報は曇り所により雨。


                  でも夕方からは晴れてきて、そんな心配を全くする必要もなかった。


                  ただ 蒸し暑い!


                  ドリルが複雑になるにつれて息が上がってきて、汗が吹き出してきた。






                  その頃、Onのスタッフさんは…



                  慣れたもので、次のランについての打ち合わせ中。


                  サイラスのドリルは20分くらい続き、みんな汗だく。


                  側から見るとそれほどの運動量には見えなかったけど、実際は結構ハードだった。


                  それからはinterlaken 小池が旗を振ってのランニング。


                  目指すは東山のシンボルでもあるスカイタワー。


                  オシャレな星ヶ丘テラスを30人以上のランナーが駆け抜ける。


                  この道は、僕が飛騨高山ウルトラに向けてよく練習したコース。


                  もちろん坂道です^ ^



                  東山スカイタワー

                  近づくととっても存在感がある。


                  またここでイベントができるといいなぁ。


                  そしてドリルを行った駐車場まで戻りクールダウン。

                  それを仕切るのはトシさん。

                  箱根駅伝を走ったエリートランナーでもある。


                  team interlaken オレンジT

                  team interlaken ネイビーノースリ

                  team interlaken レッドノースリ

                  目立ちますねー^ ^



                  その頃周りは真っ暗。

                  でもイベント中雨は一滴も降らなかった。


                  これは参加者の方の意識が、雨雲を吹き飛ばしてくれたのだろう。


                  そしてお店に帰って#MeetOnFriends は終了、と思いきや、参加者には特別なプレゼントがあった。


                  それは参加した人に聞いてくださいね

                  ^ ^



                  今回はOnジャパンさんのお力で素晴らしいイベントができ、参加された方々にもとても楽しんでもらえたと思います。


                  ありがとうございました。


                  今度は8月3日

                  Runtrip via NAGOYA 

                  で会いましょう!





                  | kiiiki88 | 23:36 | comments(0) | - |
                  飛騨高山ウルトラ 2019 完走プロジェクト
                  0


                    「ここからは坂だから歩こう」 


                    「うん…」


                    それが許されるのもウルトラマラソン。


                    天気  曇り 時々ほんの一時小雨

                    気温 スタート時14.5度、最高21.7度


                    2019年、今年の高山はウルトラを走るのに絶好のコンディションだった。



                    今回の目標は友達の佳恵さんをゴールさせる事。


                    でも、初ウルトラ完走を目指す彼女は、結局ロング走をほとんどやらずに本番を迎えていた。


                    そこで僕用に作ったタイムマネジメント表を、11時間の制限時間の32分前、10時間28分のゴールに作り変え、それを持って挑む。



                    スタートはキロ7分ではいり、前半は坂も頑張って走り、脚が売り切れる最後はキロ10に設定してある。


                    午前5時20分スタート


                    古い町並みを通りすぎてしばらく行くと坂がくる。


                    「上りは腕を下に振って走るといいよ」


                    今回、彼女の完走プロジェクトに賛同して一緒に走ってくれる文雄さんから助言が入る。




                    実はその時彼女はすでにお尻からモモ裏が痛いと言っていた。


                    それでも「これはいつものことだから」と言って頑張って走っていた。


                    今だから言えるけど、自分自信もその時左脚がピクピクしていた…


                    (これはヤバイ。自分がこんな時に潰れてしまっては…)


                    そこで、走り始め数キロにして足つり予防の粉をコソッと飲む。



                    徐々に坂が辛くなる。


                    そんな時、横にきた白い車からカウベルの音とともに声援が飛んできた。


                    「佳恵ちゃん、頑張って〜」


                    彼女の旦那さんが運転する車に、本当は一緒に走るはずだった由美ちゃんを始め、友達がたくさん乗っている。




                    飛騨高山には沢山の友達が応援に駆けつけて、私設エイドを出してくれる方も多い。


                    この応援が大会の楽しみでもある。



                    カクレハキャンプ場のエイドを後にすると、スキー場へのきつい坂が始まった。


                    「ここは歩こう」


                    坂を頑張って走ってきただけあって、自分自身もホッとする。



                    その坂には、道路の真ん中に硬い板のようなモノが出ている。これがまた曲者。またいで歩くけど、気をぬくと引っかかりそうになるので、気をつけて歩く。


                    だんだんモヤが出てきた。


                    気温も下がってくる。


                    Tシャツ一枚で来た文雄さんは、お腹が冷えてしまいそうで危なかったと言っていた。


                    その点僕は、ファイントラックのパワーメッシュを常に着ているので、その心配は全くない^ ^、


                    気圧も下がってきているせいか、文雄さんがフラフラになっていた。


                    ウルトラは何があるかわからない。



                    ようやくスキー場に着くと、また応援団の大歓迎でめっちゃ元気でる!


                    この段階で3分遅れ。


                    ここでは7分の休憩予定だけど、とてもそんな時間では足らない。

                    まだまだ計画作りの甘さを感じる。


                    それでも次の下りをキロ7で計画してあるので、きっと取り返せるからと思えたのは昨年の経験があるから。


                    だからあえて何も言わない。




                    ここではノースリーブに着替えるつもりだった。


                    でも肌寒く感じていたのでそれをやめたのは、後になって思うと正解だった。


                    結局預けた荷物から取ったのは、充電器と足つり予防の粉、それと後半に備えて用意していたメダリストのコーヒー。


                    佳恵さんは相変わらずお尻からモモが痛そう。


                    僕の脚は気がついてみれば戻っていたけど、念には念を入れてロキソニンを投入。


                    佳恵さんにもよければどう?と言ったけど、彼女はいらないとあっさり断った。


                    それも彼女の強い意思。


                    飛騨高山スキー場エイド滞在時間19分

                     


                    ここから少し上ったら、今度は10キロ続く下り。


                    「下りは小股で。急がなくていいからね。」


                    所々助言を入れる文雄さん。

                    抑えるべきところをよく知っている。

                    一緒に走って本当に良かった。


                    この坂は10%と書いた看板があるように、実際にスゴイ。


                    その坂をキロ6で下る。おかげで少し取り返す事ができた。



                    後半のエイドにはピノが待っている。

                    よく冷えていて美味しい!思わずおかわりしてしまった。


                    気がついてみるとすでにフルマラソンの距離を過ぎている。


                    よくフル以上走った事ないからと遠慮する人がいるけど、実際に来てみると全くそんな事思わない。


                    だって、ゴールは71キロ地点だから…



                    丹生川トンネルを超えて坂を上ると、お楽しみの私設あつまるエイド。


                    ここには変な人がいっぱいいる(^^;;

                    でも基本みんなランナーで、しかもスゴイランナーが多い。


                    去年はセーラームーンきょーちゃんがいたけど、今年はドレスを纏って妖艶な姿の彼女。


                    更にセーラー服を着た娘さんからはスプレーをかけてもらった。


                    ありがたいね!



                    そして最終関門の丹生川支所。


                    ここも大声援。


                    滞在予定は3分だったけど、下りで一気に取り返して予定より早くついたので、ゆっくり堪能した。




                    ここはお待ちかねの飛騨牛エイド。

                    昨年より更に美味しくなり、つい…


                    他にもトマトシャーベットあり色々と充実している。


                    100キロはここで荷物をピックアップするので、さらに滞在時間が長くなってしまうので注意が必要か(^^;;

                     


                    ここから出発する時は、ゼッケンを見て名前を呼んでくれる。


                    そして2枚のゼッケンを付けた文雄さんをみて???


                    実は今回のウルトラ、宿泊を色々世話してくれた由美ちゃんをサポートして行く予定だった。


                    でも彼女、DNSになってしまい、前日の夜は少し寂しそうだったので声をかけてみた。


                    「由美ちゃんのゼッケンを付けて走るよ」


                    「絶対ゴールまで運ぶからね」


                    それを聞いた文雄さんも


                    「1枚は僕も付けて走るよ」




                    この背中のゼッケンを見て???


                    となったわけで、それを説明していたらNHKのカメラマンが寄ってきて、文雄さんにインタビュー。


                    文雄さんもいよいよ全国デビューか(^^;;



                    その丹生川支所を出ると、しばらくして運命の分かれ道。



                    右ー100 = 千光寺

                    左ー71 = ゴール


                    あ〜右へ行きたいなぁ ^ ^


                    という感情を抑えて左折。


                    残り10キロ弱。


                    予定より10分遅れていたけど、最後の10キロはキロ10で計画してあったので余裕。


                    だから僕らはもう走らなくてもよかった。


                    佳恵さんはもう脚は完全にやられているはずだし…と思い、彼女の方を振り返ると


                    痛みに耐えながら黙々と走っている!


                    普通ならちょっと歩いていい?と言われたりするけど、今回のウルトラ全体を通して、彼女の方からそのような声は一言も聞かなかった。


                    昨年の自分の最後は、前を走る後藤さんに必死について行ったけど、ちょっと弱音を漏らしていたと思う。


                    でも、この佳恵さんのような強さがウルトラを走りきる一番のポイントだと思う。


                    もちろん練習は必要だけど、最後は気持ちの持ちよう。


                    何が何でもゴールする!


                    この気持ちが強ければ強いほど、ゴールする確率は高くなるのかもしれない。


                    この時、佳恵さんの精神的な強さをとっても感じた。




                    その頃文雄さんは絶好調。


                    ゆっくり走るのに飽きてきて、一人で前へ走っては立ち止まりを繰り返していて、残り1キロ切ってきたら、先にゴール手前で待っているからと、どんどん走っていってしまった。



                    ビッグアリーナが見えた!


                    佳恵さんの1番の友達、直美ちゃんが迎えに来ていてしばらく伴走。


                    そして文雄さんも合流!



                    そして、感動の3人手繋ぎゴール!

                    と思いきや


                    文雄さんがいない!


                    彼は嬉しさのあまり、先にゴールしてしまっていたのだった (^^;;



                    という事で、僕と佳恵さんは二人で

                    手繋ぎゴーーール❗❗




                    あ〜よかったぁ〜❗


                    佳恵さん、やったね‼


                    お疲れ様!




                    そしてみんなの待つ所まで行くと由美ちゃんがいた。


                    つけていた彼女のゼッケンを外して渡す。


                    「一緒にコース走ってきたよ^ ^」


                    我ながらカッコよすぎるかもしれないけど、その汗くさくなったゼッケンを嫌がる事もなく受け取ってくれた由美ちゃんはとっても喜んでくれた。



                    これで今年のミッションは終了。



                    2019年

                    飛騨高山ウルトラマラソン71km


                    記録 10時間46分19秒



                    自分にとって、とても思い出深い大会となる事間違いない…



                    また来ますね、ここに




                    2019年6月9日

                    | kiiiki88 | 23:57 | comments(0) | - |
                    2019飛騨高山ウルトラはDN…
                    0


                      そろそろ55km地点


                      昨年は100キロ。

                      「トンネル内の55km地点を7時間で通過すれば完走が見えてくるよ」


                      そう教えてくれた近藤さんとその場所を走っていた。


                      彼は帰る時間の都合上71kmで、教えてくれた55kmを過ぎて別れた。


                      でも今年は自分も71km


                      関門時間も100kmと比べて多少ゆるく、ここまで計画通り。


                      それよりも、去年走った経験から気持ち的にも余裕があった。



                      エイドでもゆっくり。

                      食べたいものはしっかりチェック。


                      でも今年気をつけたのは冷たい水。


                      昨年は美味しさのあまり、エイドの冷たい水を少しずつではあるけど飲み続け、結局60kmあたりからお腹を壊してトイレに2度駆け込んだ。


                      だから今年は持ってきた120ml入りのフラスクに入れた水を飲み、エイドで補給して次で飲む。


                      おかげでお腹を壊すこともなく千光寺の分かれ道まで来た。



                      ここを右に曲がると急に坂が来る。

                      それも今までにない急な坂が、しかもずーっと続く。


                      そこを昨年はキロ10ちょいで必死に早歩き。どれだけのランナー、いやいやウォーカーを抜かしたかわからない。


                      途中会った女子友達にも歩くの速いね〜と言われ、お先にねと先を急いだ。


                      そうでないと、計画から少しずつ遅れていたのを取り戻せなくなってしまうからと、気ばかり焦らせながら歩いた記憶がある。


                      でも今年は左折。


                      ゴールへの近道…


                      と思っていたけど、71kmを走った友達から「ここは地獄だよ」と聞いていたのが来てみてよーくわかった。


                      誰もいない!


                      今までは100kmと71kmのランナーがいたから気にもしていなかったけど、曲がった途端に人がほとんどいなくなった。


                      一人ペースを考えて走る。

                      キロ8。おそっ



                      そしてもうすぐゴール。

                      でもさすがに頭が朦朧としてきた。



                      気がつくと会場で友達とゴールした喜びを分かち合っていた!


                      やったね! 


                      よかった!


                      おめでとう!




                      ん?  


                      あれ?


                      ゴールしたか?




                      昨年通ったあの黒いゴールってくぐったか? ん?


                      え?  道を間違えたか?

                      ヤバイ!


                      いま何時?


                      今あったのは100の人だよね。


                      てことは71はとっくの昔にゴール関門締め切り?


                      えっ? 


                      調子よく走ってきたのに。


                      どうしよう…


                      んーーーーーん   (>_<)




                      はっ


                      あ、夢か…


                      あ〜 よかったぁ〜


                      まさかのDNFにならなくて。



                      いつもより早く目覚めてしまい、それも目覚めぱっちり!


                      あーびっくりしたぁ



                      飛騨高山ウルトラまであと9日



                      最後までやれる事をやり、

                      そしてゴールを見失わないように走ります(^^;;


                      | kiiiki88 | 09:14 | comments(0) | - |

                      Calendar

                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << May 2020 >>

                      Profile

                      Search

                      Entry

                      Comment

                      • クラウドスイフト セカンドインプレッション
                        koike (03/26)
                      • クラウドスイフト セカンドインプレッション
                        ume gen (03/26)

                      Archives

                      Category

                      Link

                      Feed

                      Others

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      Mobile

                      qrcode